英国スタイルのPub&Barの楽しみ方

イギリスのパブをモチーフにした新宿にあるバー

イギリスのパブをモチーフにした新宿にあるバー


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - イギリスのパブをモチーフにした新宿にあるバー
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ブリティッシュパブを再現したクルラホーンの店内は、
場所が歌舞伎町の真ん中であるという場所的なこととともに、
ビルの中にあるということも手伝ってか、あなぐら感たっぷりの場所です。

定番のフィッシュ&チップスを食べながら、ギネスビールを飲むというのが、
誰もが思い浮かべるパブの様子だと思います。
でも、ここクルラホーンでのおすすめは、生ハムとサラミです。
生ハムとサラミは、主にイタリア、スペインからの直輸入の原木からカウンターにて
切り出しての提供です。生ハムとサラミは、季節ごとに入れ替わります。

ここでは、食べ物はもちろんのこと、
ドリンクまでブリティシュナイズされたものでいっぱいです。

イギリスでのビールの単位は1パイントなのですが、
サプライズメニューの1ガロングラス(8パイント)、
4Lほど入るのですが、単位がパイントなあたりが嬉しくなってしまいます。

パブでの楽しみ方といったら、おしゃべりがポピュラーなのですが、
何も知り合いと話すということでもなく、隣に座った知らない誰かが話しかけてきたり、
ありとあらゆることを話題に取り上げておしゃべりを続けるといった具合です。

スポーツ観戦も楽しみの一つです。
クルラホーンの店内には2台のテレビが置かれていて、
どの席からも画面が見られるようになっています。

ここでは、スポーツ観戦以外にも、貸切時にはウェディングの2
次会で披露宴の様子を映して楽しむ、などのことにも使われています。