英国スタイルのPub&Barの楽しみ方

ブリティッシュパブ

ブリティッシュパブ


このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ブリティッシュパブ
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

パブ(Pub)はイギリスで発達した酒場のことで、名前の由来は「パブリックハウス(public house)」です。そのまま訳せば「公共の家」という意味になります。似ている言葉でバー(Bar)がありますが、これはアメリカ由来の言葉なのです。では、本場イギリスのパブとはどのような酒場なのでしょうか?

パブの歴史
元々はお酒の提供だけでなく、簡易宿泊所や雑貨屋の機能も備えた場所として18世紀から19世紀頃に発達しました。昔は町の中の便利な社交場として存在していたのですが、現在のイギリス都市部のパブはいわゆる酒場となっています。

パブはイギリス人にとっての社交場
イギリスには数百年の歴史を持つ伝統的なパブから、現代的なお洒落なパブまで様々なスタイルがあります。パブはイギリス人の生活からは切っても切り離せない存在なのです。3人に1人の割合で行きつけのパブをもっているそうで、家族で食事する光景や、時間帯によっては子供の入店がOKなお店も多いのです。また、地域によっては住民の集会所的な存在でもあります。軽く一杯立ち飲みしたり、チビチビ飲みながら何時間も新聞や本を読みふけるのもよしです。フットボールの大きな試合がある日は、中継放送しているお店にみんなで集まり、ビール片手に大盛り上がりになります!

イギリスにあるパブの種類
イギリスのパブは大きく分けると、昔ながらの伝統的なパブと新世代のガストロパブに分かれます。伝統的なパブは、昔ながらのクラシックな建物で、店内は常時BGMが流れていません。静かな店が多いのです。食事はごく簡単なもの(ポテトチップス程度)が用意されていますが、最近は食事にも力をいれる伝統的パブも増えてきたようです。

新世代のガストロパブは、お店の雰囲気にも料理にもこだわっていてレストランに近い存在です。パブでありながら、しっかりコース料理までいただける本格的なダイニングが特徴的です。

パブに欠かせないビールと料理
パブといえば、まず思い浮かぶのがビールです。その代表がギネスのスタウト(黒ビール)です。それ以外にも世界各国のビールが置いてあることが多いです。パブご飯は手頃な値段でお腹一杯になれます!最近では素材や調理法にこだわった、美味しい料理が出てくるお店が増えてきました。定番のフィッシュアンドチップスやチキン&チップスに美味しいビールが最高です。

パブは1人で落ち着いてビールを飲んでも、みんなでわいわいと話しながら楽しんでもOK!日本でも気軽に楽しめるパブが増えています☆